給湯システム

効率よくお湯を沸かせる

従来品よりエネルギーを上手に使う事で給湯効率がアップし、排熱を再利用し80パーセントだった熱効率を95パーセントにする事に成功した給湯システムであるエコジョーズ。 これは現在のガス給湯システムとしても、エコウィル、エネファームなどと比較しエコジョーズは導入価格が手ごろで本体もコンパクトそしてランニングコストも現状より安くなる事から利用される方が多く主流となっています。 エコウィル、エネファームも非常に優秀な給湯システムではありますが、やはり初期費用がある程度掛かるという面と装置の設置場所の必要性やトータル設置費用の元を取るまでの年数などを考えると、今後もエコジョーズの手軽さがしばらく主流である事が予測されます。 エコジョーズ利用でのガス代は現状から年間7千円から一万五千円の節約が見込めるのです。

給湯器選びは相談しながら

給湯器には号数というものがあり、これは作れるお湯の量を示しています。 水温プラス25度の温度のお湯を1分間に何リットル作る事が出来るかという数値が号数になっています。 10号であれば10リットル16号20号24号28号といった具合です。 しかしこの号数の数は春夏秋などの暖かい季節をベースとしているので、冬場は作れるお湯の量が減るのです。 なので利用する人数利用するシーンや季節によって、必要と思われる給湯器の号数が違ってきますので販売店と相談しながら給湯器の号数を決めましょう。そしてお湯は生活に必要なものですから、給湯器本体の購入から工事までを見てもらえ保証がしっかりとついている販売店で購入する事をお勧めします。