機器の寿命

ガス給湯器は10年で替え時です

ガス給湯器の耐用年数は10年だと言われています。異音がしたり、お湯の温度が一定ではなくなったり、湯張り機能に問題が出てくるようになれば、そろそろ交換を考えたほうがいいかもしれません。ガス給湯器の交換には、ある程度日数がかかります。今日買って今日取り付けとは行きません。給湯器が使えないと、家事や入浴などが不便です。壊れる前に、最近のガス給湯器を知って、予算をたてておくといいでしょう。 ガス給湯器も最近は省エネタイプに人気が集まっています。お湯を沸かす時の排熱を利用してお湯を温めます。今まで使われることのなかった、燃焼による熱までも有効利用するので非常に効率のいいガス給湯器です。このしくみにより、ガス代も節約できます。

購入後のフォロー

又、最近のガス給湯器の特徴として、給湯能力の高さがあります。従来のものは、キッチンでお湯を使うと、シャワーのお湯の出が悪くなったりというこもありました。しかし今は同時に浸かっても、豊富な湯量を保つことができます。 お湯張り機能も進化しています。キッチンからお湯張り操作ができるだけではなく、お湯張りから、追い炊き、足し湯まで自動で行うガス給湯器もあります。これなら、家族が入浴するたびに、温度や湯量を確認する必要もありません。 気になるのがガス給湯器の値段ですが、省エネ型ですと10万円を超えるものがほとんどのようです。ただし同じ機種であっても業者によって値段が随分違います。 ただ本体価格だけでなく、アフターサービスをしっかりしてくれるのか、チェックしておく必要があります。