Water heater

NEWS

毎日利用しているもの

給湯器を毎日利用している人は多いですが、利用する頻度が多いほど故障するリスクが高まってしまいます。給湯器に何かしらの前兆を感じたらすぐに修理依頼をする必要があります。

more

問題発生の原因

長期間給湯器を利用していると問題が生じてしまうこともあり、場合によっては交換が必要なこともあります。専門業者に依頼をすれば給湯器の交換やアフターケアも行なってくれます。

more

給湯システム

給湯器システムの一つであるエコジョーズは熱効率を95%にすることを成功させています。給湯器には様々な号数がありますが、それらはお湯の量を示しています。給湯器の号数によって使われる用途がそれぞれ異なります。

more

古くなったものの交換

真冬に給湯器が故障して辛い経験をしたことがある人はいませんか?こちらではそのようなときに迅速に対応してくれますよ。

給湯器は埼玉で交換しましょう。今なら工事費込みで低価格を実現!詳しくはコチラにお問い合わせください。

古くなった給湯器

どのような製品にも耐用年数があります。もちろん毎日の様に使用する給湯器にも耐用年数があります。大体目安として、10年を超えた頃からそろそろ寿命が始まります。もちろん、使用頻度や設置してある環境によっても差は出てくるものですが平均で13年位と言われています。10年を超えた給湯器は故障が始まると、しばしば故障して部品の交換になるケースが増えるのです。電気基板だったり、熱交換器、パイプの腐食等小さな部品からまとまった部品まで様々ですがその都度修理には部品代だけでなく人件費も掛かりますので、バカにならない金額になります。ましてや、10年を過ぎるとメーカーにも部品がストックされていないケースすもあるぐらいです。そうなる前に、最近の省エネタイプの給湯器へ交換するのがお得です。

省エネタイプにする

エコタイプの給湯器は従来型の給湯器に比べた場合かなり省エネであり、環境にやさしくなっています。エコジョーズを例に取りますと、熱効率が95%と従来型に比べて15%も向上しています。熱効率が向上していると言うことは、燃料費の節欲に繋がります。CO2も13%ほど削減され環境に優しい給湯器です。さらに、省エネタイプの給湯器へ交換すると補助金の対象に成ることがあります。また、給湯器に関わる節約術として、当然ですがシャワーの出しっぱなしにはしないことです。また、シャワーのノズルを節水タイプに変えることで、水の量が半分に抑えられその分ガスの消費が減り、シャワーの水の勢いも強くなります。次に、お風呂はフタをして保温すること、なるべく集中してお風呂に入るなどこころがけることにより、かなりの省エネと環境への配慮につながります。

こちらの給湯器工事業者であれば、取り付けてから10年間は無料保証がついているので非常にお得となっていますよ。